地域イノベーター留学

お問い合わせ

トップ  >  フィールドワーク先の紹介  >  沖縄県名護市

フィールドワーク先の紹介

フィールドワーク先一覧へ

沖縄県名護市

日本一高齢者が元気な地域で日本の農のモデルをつくる仲間募集!

団体名

地域コーディネーター/株式会社ルーツ

フィールドワーク日程

・フィールドワーク1:フィールドワーク1:10/02(金)~4(日)
・フィールドワーク2:フィールドワーク2:12/4(金)~6(日)

地域の課題・受入の背景

◆◇浦添とは
沖縄県は、美しい海と豊かな自然環境に囲まれており言わずと知れた観光地になっています。沖縄の魅力は自然環境のみならず、琉球文化から生まれた独特な強い地域コミュニティもその1つです。地域は字といわれる単位で分かれていて、そこでは地域の伝統文化・繋がりを継承するためのエイサー・豊年祭などの自治会活動が盛んです。今回の連携企業である(農)勝山シークヮーサーは県北部に位置する名護市勝山地域にあり、そこの自治会・農業生産者出荷組合からスタートしました。地域を守り発展させるために生まれた企業とともに活動することで、観光では知れないより濃くて豊かな沖縄が発見できると思います。

◆◇地域課題とは
沖縄県は豊かな自然環境を有している一方で、失業率・廃業率・それに伴う1人あたりの県民所得はいずれも全国ワースト1位と、経済的には厳しい状況にあります。島嶼地域であることから輸送コスト等の問題で、製造業はあまり発展せず、また、農業も台風等のリスクと隣り合わせです。しかし、近年は日本でもっとも東アジア・東南アジアと近い地理的優位性を活かし、海外に活路を見いだす企業も多く出てきています。従来の手法に捕われず、新たなチャレンジを重ね、中小企業が発展することで、先述した課題が少しずつ克服されているのだと思われます。魅力的で可能性溢れる沖縄県の中小企業とともに沖縄の未来づくりを行う若者が1人でも増えることがその近道だと感じます。

参加者に特にすすめたいその地域にしかないイチオシのポイント

本プログラムでは各地、課題解決に取り組む中小企業1社が挙げられております。
5か月を通じてチームと共に、その企業への課題解決・経営革新に向けた提案を練り上げます。
地域の特色ある、そして熱意あるイチオシの企業となっております。
是非チェックしてください。
============

◆◇本プログラムを通じて皆さんが課題解決に取り組む中小企業

企業名:  農業生産法人 有限会社 勝山シークヮ―サー
代表者名: 代表取締役 山川 良勝
従業員数: 17名
設立年度: 平成15年9月18日
業種:   農産物の生産(シークヮーサーの栽培)
      農作物の加工・販売(シークヮーサー果汁の製造)
HPアドレス: http://www.mayaga.com/

勝山シークヮーサーは、名護市勝山地区の特産品であるシークヮーサーの生産・加工・販売を一貫し行い、6次産業化に取り組む団体です。農家がいつまでも安心して農業を続けられ、若者が農業に希望を持てるような地域をつくろうと、平成13年に勝山地区の農家で結成された「勝山シークヮ―サー出荷組合」を発展させて設立されました。通常のシークヮ―サーの買取価格は1キロ50円から60円という安価なため、それでは農家が食べていけない、そのことが原因で勝山から人が減り、若い人が帰ってこないと考え、自社のシークヮーサー買取価格を1キロ200円と決めて、地域内で栽培されたシークヮーサーを100%使用したストレート果汁を活用した10種類以上の商品の製造・販売を行っています。また、原料卸売りによって様々な食品会社との連携も行っており、サントリーのシークワーサー酎ハイの原料にも活用していただいています。今後も様々な企業と連携を深めると同時に、自社での直売にも力を入れていきます。

◇考えれる企業課題
①高齢化
勝山地域のシークヮーサー生産者は80代・90代が多く高齢化が大きな課題になっています。勝山は山間の地域でシークヮーサーは斜面に添って生えていることから、収穫は相当な体力が必要になります。最近では30代の新規就農者も出てきており、生産者を支える基盤を強化し、若い人が安心して農業ができる環境を整えていくことが必要です。また、80代・90代が元気に斜面に面する木を登り、シークヮーサーを収穫しているのもこの地域ならではとも言えるので、そのようなベテラン生産者がいくつになってもシークヮーサー生産を続けられるような環境(低木化など)の整備も今後必要になると考えられます。

②情報発信力の強化
勝山シークヮーサーでは、品質にこだわった商品をつくっていますが、その情報発信に課題を持っています。シークヮーサー製品の中には、効用も味も異なる柑橘類の四季柑を配合した安価な商品も多く出回っておりますし、この勝山以外にも企業が参入してシークヮーサー栽培を行っている地域もあります。そのようなところとの違いをどう打ち出し、多くの方に認知してもらえるかを検討していく必要があります。

プログラム・アカデミー生に期待すること

◇企業担当者からのメッセージ
農業生産法人 有限会社 勝山シークヮ―サー/山川 良勝 さん

私は、勝山地区の農家がシークヮーサーで生活できる環境をつくりたいと思っています。そうすることで、農業に希望を持つ若者が増え、後継者ももっと出てきます。そして若者と一緒に、地域全体にシークヮーサーの苗木や天然記念物であるコノハチョウがエサとする花木を植えて、訪れた人が、美しさを目で見て、香りを花で感じ、食で心を満たせるような環境をつくりたいです。シークヮーサーに惚れ込み、様々なチャレンジを行い地域をより良くできる、よそもの・わかもの・ばかものと一緒にその夢を叶えたいです。

参加者へのメッセージ

◆◇コーディネーターより
もしあなたの心にピンと来るものがあるなら、地域の現場に飛び込んでみてください。そこにはきっと、今のあなたが想像すらしなかった人たちが、思いもよらないカタチで日々もがきながら、未来をつくるために自分と仲間を信じて活動しているのではないかと思います。
私たちはそんな本気の人たちの伴走者でありたいと思って、日々の活動に取り組んでいます。一人ひとりの想いを汲みとり、整理し、向かうべき方向や手段をともに考えます。困難な状況を乗り越えるために、地域でより幸せな暮らしが築けるように、ともに汗を流し、ともに悩みながら歩を前に進めます。
志あるイノベーター生の皆さまとの出会いを、心より楽しみにしています。


(コーディネータープロフィール)
株式会社ルーツ/野中 光さん
沖縄県伊江村生まれ、那覇市育ち。琉球大学在籍時より地域のと学生が繋がるイベント等を多数実施。2013年8月より(株)ルーツに参画。長期実践型インターンシップ「おきなわ起業家留学」・世界36ヶ国と連携し実施する起業家育成事業「Enactus」等の大学生のキャリア育成支援、成長意欲の高い中小企業の組織開発・経営革新・プロモーション支援、地域活性化に取り組む地元住民・地方自治体の事業推進・地域間連携支援などを実施。想いに寄り添いながら、アイデアと実行力で現場を巻き込み、プロジェクトを推進することを得意とする。

東京までの交通手段

主な交通手段 トータルの所要時間 必要金額
羽田空港東京ー(飛行機)―那覇空港 2.5時間 1〜3万円(片道)
成田空港東京ー(飛行機)―那覇空港 3時間 5,000円〜12,000円(片道)